GEOSURF

イメージング

イメージングソリューションのページです。senseFlyの画期的なドローンやその関連ソリューションを紹介します。 ジオサーフ株式会社はスイスsenseFly社の正規代理店として、日本の電波法令で定めている技術基準に適合した製品の販売とサポートをしています。

eBee X – Map without limits

eBee Xは、eBee史上もっとも革新的な製品です。 eBee Xを使用すれば、要求の厳しさに関わらずほぼどんな現場でも作業が可能です。eBee Xは、その最長航続時間を90分に更新、400ftで最大500haの広大な撮影範囲を誇ります。また、GCPがなくとも3cmの精度を実現します。それに加えて、スペースを必要としないスティープランディングテクノ ロジー、非常に堅牢な設計、ライブエアー・トラフィックデータなど、最新鋭の性能を誇ります。

eBee Plus –高性能、高精度、プロフェショナル用UAV

senseFlyのeBeeシリーズは箱から出したらすぐに使い始めることができます。軽量かつ安全で耐久性に富む、このような完全に統合化されたシステムがたった1つのバッテリーで動作します。システムの管理は、senseFlyの高品質なオートパイロットにお任せください。

eBeeシリーズのフラッグシップ機、eBee Plus。プロフェショナルの高い要求に応えるUAVです。

eBee SQ –精密農業用UAV

eBeeSQは重量約1.1kg、翼幅110cm、マルチスペクトルセンサーSequoia(セコイア)専用の小型固定翼UAVです。時速40~110kmでフライトし、航続時間は最長55分です。フライトから解析まで植生管理のワークフローにフィットしたシステムです。

最小最軽量UAV向けマルチスペクトルセンサー Sequoia for eBee

Sequoia(セコイア)は、最小最軽量のUAV向けマルチスペクトルセンサーです。このセンサーは、4つの1.2MPセンサー(near-infrared, red-edge, red および green)およびRGBセンサーを搭載しており、1回のフライトで5つの画像を同時に取得することができます。 Sequoiaは、senseFly独自のインテグレーションキットを経由してeBeeシリーズと完全に互換性があります。

eBee –マッピング用UAV

重量約0.69kg、翼幅96cm、標準カメラ(RGB)としてSony WX(画素数18.2MP)がパッケージされています。(thermoMAPはオプション)時速40~90kmでフライトし、航続時間は最大50分です。

senseFly albris

senseFly albrisは、豊富なセンサーと、業界用UAVの中で最も可動範囲が広いカメラを搭載しています。抜群の安定感を誇るTripleViewカメラヘッドは、HDビデオとサーマルビデオの切り替えが可能です。そして、フライト中に必要に応じて高解像度のRGB画像を撮影することもできます。こうして撮影したデータは、着陸しなくても保存可能で、フライト後の分析に利用できます。

Reality Capture

Reality Captureは、多くの機能を搭載した写真測量のソフトウェアソリューションです。Reality Captureを使用すれば、作業時間を削減できますので、その分お客様はご自身のビジネスターゲットに集中できることでしょう。お客様が大企業の一員でもまた個人のご使用でも、そしてお客様のプロジェクトが何であれ、誰にもパーフェクト・ソリューションをお届けします。