Leica TruStory

 

ライカジオシステムズ社のGNSS製品をベースに当社でシステム開発、インテグレーションした実例紹介です。

 

  • 東京国際空港D滑走路における動態観測

     2010年10月、東京国際空港の4本目となるD滑走路が新たに供用開始されました。本モニタリングシステムは、環境に配慮しつつ軟弱な地盤に建設されたため、複雑な構造特性を持つこの滑走路上に21点の観測点を設置し、供用開始からの経年変化と地震発生時の動的な変動を監視することを目的としています。



  • Leica Geosystems TruStoryのページ(pdf)へ


  • 桜島火山観測

     1960年(昭和35年)12月、日本最大規模の活火山である桜島に桜島火山観測所が設置され、地震観測と地盤変動観測に重点を置いて観測を実施しています。1994年(平成6年)春、ライカジオシステムズ社製の2周波GPS受信機 SR299E を霧島火山帯、および桜島にそれぞれ9機、計18機設置し、同年8月よりGPSネットワーク観測を開始しました。

     


    Leica Geosystems TruStoryのページ(pdf)へ


ジオサーフ株式会社

e-mail
info@geosurf.net
tel
03-5419-3761